フィッシャーマンズリゾート(Fisherman’s Resort)

IMG_5767
バンコクから約150キロ南、有名なリゾート地「ホアヒン」に到着する前に「チャアム」という落ち着いたリゾート地があります。そして、その更に手前のペッチャブリー県の「ジャオサムランビーチ」にあるこじんまりとしたリゾートの紹介です。

ここはホアヒンよりも近く、人も少なく静かで、そして安いということで気に入っています。正直なところ、宿泊施設(コテージ)自体はそこまでいいものでもありません。安さだけを求めるならもっと安い施設が周辺には立ち並んでいます。しかし、ここならではのゆっくりした空間はなかなかのものです。バンコクから近いこともあり、ふらっと来たくなるリゾートです。

ペッチャブリーの街の中心部からひたすら南下すること15キロ、ジャオサムランビーチに到着してから左へ(そもそも左にしかいけません)数百メートル進むと到着です。

リゾートの塀。
IMG_5769

エントランス。
IMG_5773

エントランスからまっすぐ奥、海が見えます。
IMG_5772

右側が駐車場。
IMG_5823

右奥に見えるのはイベントルーム、企業のカンファレンスでも使えます。その左は宿泊棟。その更に左は芝生と遊具。
IMG_5775

芝生側から。手前が宿泊棟。
IMG_5780

左奥はコテージ、レストラン、プールへの道。
IMG_5824

車止め。
IMG_5827

入ってすぐ左が受付。
IMG_5827

チェックインカウンター。
IMG_5822

全体図。
IMG_5828

受付正面を進む。
IMG_5833

右側に多目的ルーム。ちなみに利用者を見かけたことは無し。
IMG_5835

多目的ルーム内部。
IMG_5834

更にまっすぐ。
IMG_5837

交差点。
IMG_5836

左折して右奥がレストラン。
IMG_5838

レストランを越えて更に直進。
IMG_5841

右手に海。
IMG_5842

右折して海。
IMG_5843

歩道の突き当り正面。
IMG_5846

右を向くと先程のレストラン。
IMG_5845

左へ進むとプールがチラリ。
IMG_5848

プールに到着。
IMG_5849

手前は浅い子供用。
IMG_5851

プールは8時から20時。
IMG_5853

屋外シャワー。
IMG_5852

ミニミニフィットネス。
IMG_5854

更に奥はスパ(マッサージ)棟。
IMG_5855

スパ棟アップ。
IMG_5857

のんびりスペース1。
IMG_5856

通路からプール。
IMG_5869

通路は更に奥へと。
IMG_5870

のんびりスペース2。
IMG_5871

すぐ先はビーチ。
IMG_5873

ピクチャーフレーム。
IMG_5879

プール側を振り返って。
IMG_5874

スパ棟を振り返って。
IMG_5875

折れそうなココナッツ。
IMG_5876

本来のプールへの入り口。
IMG_5859

プール裏の部屋「Pacific」はおすすめスイート部屋。スイート(といっても部屋2つ繋がっている+アルファ)は全部で4棟ありますが、他の部屋は通路の途中にありプライバシーがありません。
IMG_5860

入り口を振り返って。
IMG_5861

更に進んで。
IMG_5862

右へ左へ。
IMG_5863

川もあります。
IMG_5864

休憩スポット(使っている人は見たことなし)。
IMG_5865

川を越えて入る部屋。
IMG_5866

なにかがあった跡。
IMG_5867

部屋は全部で3タイプあります。宿泊等のスーペリアルーム、コテージ1棟、コテージを2つつなげたスイートの3タイプです。コテージはそれぞれが微妙に形が違い、それぞれに部屋番号と名前がついています。また、コテージの部屋もあたりはずれがあり、一棟独立タイプや隣と繋がっているタイプ(間にバスルームが挟まるために音は聞こえません)もあります。また、床がギシギシなる部屋もあるので気になる方は到着後変更してもらうのが吉です。

今回の部屋は32番「Crayfish」
IMG_5720

隣と繋がっているタイプかつ、隣に宿泊客もいましたが気になることは一切ありませんでした。
IMG_5719

入り口前。
IMG_5723

足を洗う用の蛇口。
IMG_5722

ベンチとテーブル。
IMG_5724

ベンチからの景色。
IMG_5726

鍵。
IMG_5688

DO NOT DISTURB。
IMG_5716

MAKE UP ROOM。
IMG_5717

ツインとダブルが選べますが、ダブルはツインを並べてメイキングしただけです。
IMG_5689

ベッド向かい側の椅子。
IMG_5713

天井が高めでシーリングファン付き。
IMG_5715

左奥の椅子。
IMG_5694

右側にミニバー。
IMG_5702

いたってシンプル。
IMG_5703

クローゼットと貴重品ボックス。
IMG_5704

バスルーム入って左にトイレ。
IMG_5705

その奥がアウトドアのシャワー。
IMG_5706

逆側が室内のシャワー。
IMG_5707

シャワー。
IMG_5709

夕食はホテル内のレストランで。周りになにもないので無理に探しに行くより諦めてホテル内で食べることをおすすめします。当たり外れが大きいですがタイ料理は美味しいものが多いです。

夜はシンプルにライティング。
IMG_5727

通路。
IMG_5730

レストランへの道。
IMG_5729

夜のレストラン。
IMG_5733

揚げ魚のヤム。おすすめ。
IMG_5735

手羽先。おいしい。
IMG_5736

グリーンカレー。うまい。
IMG_5737

フィッシャーマンサラダ。おしゃれだが微妙。
IMG_5738

朝食はブッフェ形式です。種類は少ないですが野菜はシャキシャキしてて必要十分という感じです。

朝日が綺麗です。
IMG_5753

もう一枚。
IMG_5754

レストランから朝日。
IMG_5762

テラス席もあります。
IMG_5763

ガパオライスとおかゆ。
IMG_5758

パン。
IMG_5760

卵料理、パンケーキ、ポテト等。
IMG_5766

フルーツ。
IMG_5755

サラダ。
IMG_5756

ドレッシング。
IMG_5757

ドリンク。
IMG_5765

まとめ

バンコクからさっと行けて、ほぼ予約もいらず、静かなリゾート。予約サイト経由で予約してもほとんどディスカウントがないどころか高いことのほうが多いぐらいです。プロモーションにもよりますが、基本的には宿泊棟で2500バーツ前後、コテージで3000バーツ前後です。海が綺麗なわけでもないですし、プライベートビラもありませんが、バンコクに住んでいるならおすすめです。

フィッシャーマンズリゾート
2cabcb7d-93c2-4dfe-ac0b-3c31a75cdfd9_BN-pool-01