アマンタカ(Amantaka)

IMG_4456

宿泊していたアゼライの宿敵(古巣?)アマンタカ。今回は滞在予定も食事の予定もありませんでしたが、せっかくなのでバーだけでも寄ってみました。

大きな庭園(夜はまったく写真に写りませんでした)を抜けると天井の高い建物に通されます。
IMG_3762

ソファもゆったりです。
IMG_3728

多分誰も読まない書籍。
IMG_3727

ズドン!と抜けます。
IMG_3729

プールの向こう側で伝統音楽を生演奏。
DSCN0121

客が誰もおらず最高でした。
DSCN0128

プール前の席。
IMG_3726

メニュー。
IMG_3737

$表示がありません。
IMG_3736

$表示があります。
IMG_3738

英語しかないし、ドルしかありませんが、キープでも払えました。
IMG_3739

お酒を頼むと塩と胡椒が来ました。
IMG_3741

サービスのナッツは大量でした。
IMG_3743

送迎トゥクトゥクのカゴ。
IMG_3766

ここからは日付が変わり、朝バージョン。

正門からズドンと。この建物の奥が本当の敷地です。
IMG_4455

英語の看板。
IMG_4456

ラオス語の看板。
IMG_4457

奥にはフラフラしている警備員。
IMG_4458

先の尖った棒で落ち葉を刺して集めていました。
IMG_4459

庭が広いです。
IMG_4453

横の門からの車停め。
IMG_4460

エントランスと自転車。
IMG_4461

評価

施設
さすがにかっこよかったです。

サービス
わかりませんでした。

ロケーション
ルアンパバーンの街の中心地です。

価格
ご存知の通り高いです。価値があるかどうかは人によると思います。

まとめ
宿泊していないので評価はあまり真に受けないでください。現地のスタッフは気立てがよくて、マネジメントクラスが非常に態度が悪いというラオスの典型的な外資の高級サービスという感じでした。