ラオスのオーガニックコットンの製品 by GIZ

DSCN0421
ルアンパバーンの中心街に夜間だけ出店されるナイトマーケットがあります。どこもだいたい同じような製品を同じ場所から仕入れて販売しているようなイメージを受けましたが、一箇所だけ目に留まった店がありました。
英語が堪能なスタッフがふたりおり、ブース内はシンプルでラオスの伝統的な製品が販売されていました。

ナイトマーケットの様子。
IMG_3618

販売している製品。無理に棚を埋めようという努力は感じられずに自然体でよかったです。
DSCN0422

特に気になったのがラオスのオーガニックコットンで作られたコースターでした。色は4色で、柔らかい感じのオフホワイト、グレーと茶色の間のような色、水色に近いインディゴブルー、濃いインディゴブルーがありました。全色ひとつずつ買って帰りました。
DSCN0421

石鹸もおいてありました。そのうちのひとつはホテルのザ グランド ルアンプラバーンでアメニティとして使われていたものでした。
IMG_4248

右下にあるGIZという組織が運営しているようです。
IMG_4246

GIZのラオスのオフィスはビエンチャンにあります。ドイツが主体の組織のようです。ラオス以外にも世界中で活動が行われています。
https://www.giz.de/en/html/index.html
giz_laos

Luang Prabang Handicraft Association(LPHL)というロゴもあります。調べても公式ウェブサイトの様なものはありませんでした。
IMG_4247

使用イメージ。
S__12632251

評価 

店の雰囲気
単なる屋台です。製品とストーリーで勝負です。

ロケーション
ルアンパバーン中心街のナイトマーケットにあるのですぐです。

価格
現地価格ではないと思いますが、安いです。

まとめ
屋台には珍しく、値段をふっかけてこないかわりに値引きもしてくれませんでした。販売スタッフには値引きをする権利が無いようでした。買った製品を入れてくれる袋もコットンでシンプルでかわいく、じゃあそれをもう一つおまけしてほしいというとすぐにくれました。どう考えてもコースターひとつより手間がかかっているように見えたのですが、そこは愛嬌です。
結局、買って帰ったコースターは人気ですぐに無くなってしまったので、もっと買ってくればよかったとおもいました。