セー滝(Tad Sae Waterfall)

DSCN0193

ルアンパバーンの街から簡単に行ける観光地を聞くと、セー滝(タットセー)と言われたため、行ってみました。場所はルアンパバーン中心地から南東に約15キロで、車では30分程度です。車で滝まで到着することはできず、滝のある川の向かい側からはボートでしか行くことができません。

Google Mapでも最後が点線になっていて、車では最後まで行けないことが分かります。

ホテルの前で捕まえた相棒(トゥクトゥク)です。
IMG_4209

道中、山の中にビートルが捨ててありました。しかもオーバル型。
IMG_4214

普通に通り過ぎていくことができそうな何もない場所で何度か通行料を払います。トゥクトゥク代に含まれているので自分で払う必要はありません。
IMG_4217

滝に到着する結構前で、駐車場代金を取られます。
IMG_4219

駐車場です。
IMG_4220

駐車場のトイレ。
IMG_4221

セー滝全体のマップ。
IMG_4225

渡し船代を払ってボートに乗ります。
IMG_4222

待ち時間ゼロですが、他の情報によると観光シーズンは20分待ちとかになることもあるようです。
IMG_4226

それなりに流れもあり、落ちたら死にそうですが、気持ちいいです。
DSCN0197

5分ぐらいですぐ対岸に到着です。
DSCN0199

特に舗装も何もされていません。
DSCN0159

入場料は大人15000キープ(200円ほど)、ラオス語では大人10000キープとあるので外国人料金ですが、かわいい差です。
DSCN0160

結構開けています。
DSCN0164

いきなり象が歩いていました。
DSCN0161

水の中を象に乗って散歩(有料)です。
DSCN0165

吊橋を通って行くカフェ「Mai Coffee」。
DSCN0169

カフェのメニュー。
DSCN0168

横から見たところ。屋根の上はジップラインの到着場所。
DSCN0166

突如現れる脱衣所。
DSCN0173

完全に覗かれます。
DSCN0175

なかなか幻想的です。
DSCN0190

水の色が青白くて素敵。
DSCN0195

木の上に何かありましたが、はしごが壊れていて上まで登れませんでした。
DSCN0178

たまに危ない感じの足元もあります。
DSCN0180

深い場所もあります。
DSCN0181

小さな滝。
DSCN0182

季節的なものですが、落ち葉が多いです。
DSCN0183

日陰は寒いです。
DSCN0189

ぐるっと廻ってここに着きましたが、滝に入ってすぐ右回りすればすぐに着きます。観光シーズンはごった返しているようですが、誰もいませんでした。ここから水に降りて泳げます。
DSCN0193

評価 

滝の雰囲気
観光地のはずですが、行った時は人がほとんどおらずすごくよかったです。

ロケーション
もう一つの滝、クアンシーの滝に比べると近くて良いです。

価格
安いです。

まとめ
「滝」を見たい人に対してはハズレだと思います。奥の方に少しだけ滝っぽいものがありますが少し距離がありますし、大きくないです。「滝」としての魅力は完全に「クアンシーの滝」の方が上です。ただし、川の公園という感じで考えれば楽しい場所です。奥の滝の近くには小さな洞窟もあります。今回は寒くて流石に泳ぐ気にはなれなかったので、次回は是非泳いでみたいと思います。